アイドルは流れ星

アイドルに生かされている社畜の戯言

夢の国から帰ってこれない(NEVERLANDアルバムレビュー)

お題「NEWS「NEVERLAND」レビュー」



あーーーーNEVERLANDが終わった。終わってしまった。いや、終わらないってシゲちゃんは言ってくれたけど、それでも生で見るNEVERLANDは終わってしまった。最高に好きなアルバムを引っさげて回ってくれたツアー、本当に曲から演出から何から、いつでも最高に素晴らしいコンサートでした。

脳内がぐちゃぐちゃでコンレポどころじゃないので、ずっとちまちま書いてたアルバムレビューを載せます。我ながら「今…?」って感じだけど、タイミング逃したな〜〜とお蔵入りさせようと思ってたけど、でもせっかく書いたし…円盤出るまで、心の寂しさを埋めるにはこのアルバムが頼りになるわけだし……

というわけで個人的な感想を書く。長いけど。ツアー始まる前に感想を書いてた曲が大半なので、コンサートの演出とかに影響されてる部分は少ないです。コンサートで聴いてどの曲ももっともっと大好きになったので、円盤はよ、、、



1."The Entrance"

もーーー入りからワックワク!!!こういうコンセプトがちがち系のアルバムって好き嫌い分かれるかもしれないけど私は大好き。(楽曲がそれぞれ良いからこそ、みたいなとこもある)
NEVERLANDという不思議と奇跡と愛と夢の国、その案内人であるMr.インポッシブル。待望のアルバムでやっとNEWSの歌声が聴ける…!と思ったのにそう簡単に聴かせてくれない!焦らされる!でもそれが良いです100点!!
声オタとしてはこの良い声もすごくグッドポイントです……穏やかでゆったりとした声に、メルヘンでおとぎチックなBGMも相まって、「これからどんな世界に連れて行ってもらえるんだろう?」という期待で胸がいっぱいになること請け合いです。
鍵を差し込んで開けた時空の扉の先には、どんな世界が広がっているのか………


2.NEVERLAND
来ました、今回のアルバムのリード曲です。
これ100000000回言われてるかもしれないんですけど、最初にアルバム情報出たとき「NEVERLAND」という文字を見て、きらきらファンタジーを想像した方って多いんじゃないかと思います。かくいう私もそうでした。真っ先に目に浮かんだのは、美恋魂での、ふわふわきらきらの真っ白な衣装で、お城を背景に宙を舞っていた4人の姿。
NEWS×ファンタジーの親和性高すぎ問題はずっと提唱されてきたと思うので、もう本当…金一封差し上げますからはやく聴かせてくれぇ……って思ってました。
そう思っていたところにこの曲。まさかのきらきらふわふわとは無縁の荘厳系ファンタジー!!!!!(興奮)
Kらじ初披露の日はTLが荒れてました…リアタイ出来なかったので、フォロワーさん方が「サンホラ思い出す」「こんなのアリプロじゃん…」っておっしゃってるのをドキドキしながら眺めてました。(同世代で同じ道を通ってきた方が結構いるなと思いました)
岩場に囲まれた暗い森の中にいるような、厳かなイントロから始まります。使われてる楽器も多いし、音も多くてゴージャスで、本当にたっぷり満足な1曲です。個人的に三連符が大好きなので、好みドンピシャリ…!!


ねばらん初めて聴いたときのツイート、我ながらめっちゃ荒ぶってる…背景あの日の私へ、思った通り最高のコンサートだったので期待してくれよな……


3."アン・ドゥ・トロワ"
NEVERLANDから一転、こういうテイストの曲が来てしまうんですね……3トラック目にしてこのアルバムの振り幅が現れている。爽やかなラブソングで、ずっと後ろで聞こえている軽やかなキーボードのメロディーもあって、とっても心地良い曲です。
ですが皆さんお気付きでしょうか…こんなに爽やかで軽やかなこの曲……騙されるなかれ、そうです、NEWSさんお得意のワンナイトラヴなんですね……
ここまでサラっと、何なら若干の誠実ささえ滲ませながら「一夜の夢を見よう」的なこと言っちゃうんだからNEWSって恐ろしい……好き………
歌詞がファンタジックで綺麗なので、あれだけ厳かな雰囲気の曲の後にきても違和感が無いというか、アルバムの世界観に馴染んでるなあと思います。NEVERLANDで暗い森から荒れ狂う波際の断崖絶壁をめまぐるしく駆け抜けて、その先にあったのは、水面に満月が揺れる静かな湖だった……みたいな気分です。(?)
「君という魔法にかけられ 一夜の夢を見る」「月の夜を渡るようなステップで」の歌詞が特に好き。(滲み出る増田担み)かーーーーロマンチック!!!言われてぇ!!!!!!


4."EMMA"
これライナーノーツでシゲちゃんも言っててちょっと嬉しくなったんですけど、私も初めて聴いたとき「ここでEMMA!!!!!」って思わず叫びました。笑
急に19世紀のアメリカ西部にいるんだけど……えっさっきまで静かな湖で月に照らされながら一緒に踊ってたじゃん………???(妄想)
突然ピストル向けられる。むしろ撃たれる。狙撃されてる。ふ、振り幅〜〜〜〜!!!!!!!
この曲の良さについては言うまでもないですが、ジャケットプレイが注目されすぎてる気がするんだけど、まあ私も音楽番組出るたびに刮目してましたけど、曲としてすごい良いなと思うんです。
全体的に西部劇みたいな、ウェスタン!カントリー!みたいな曲なんだけど、ちょっとサイバーちっくなピロピロ系の効果音(語彙力の欠如)とかも入ってて…ハーモニカとかアコーディオンみたいな古き良きサウンドとマッチして、全く失われないキャッチーさ。個人的にはすごくチャンカパーナに通じるものがあるなあと思います。


5."7 Elements"
ここでまたMr.インポッシブルの語りが入ります。個性の強い曲を上手くつないでいるなあと思います。

炎、水、光、踊、音、魔、愛

表題曲のNEVERLANDにも繰り返し出てくる7つの要素。どの曲がどのエレメントを表してるのかな〜と考えながら聴くのがとても楽しい。答えはツアーパンフに載ってます!!買われてない方は買ったお友達に見せてもらおう!!!!ちなみに答え合わせしたら私は結構間違えてた(小声)


6.Brightest
これ!!m-floさん提供の楽曲があると知ってから、めっっっっっっちゃくちゃ楽しみにしてました。音楽に興味を持った学生時代に流行っててよく聴いてたな〜と。初めて聴いたm-floの曲はcome againだったと思うんですけど、子供なりに「なんか知らんがめちゃくちゃお洒落だ…!」と思ったことを覚えてます。
そんなm-floがNEWSに曲を書いてくださることの興奮…これ若いファンの方とかにはどうやったら伝わるのか…?最近の音楽シーン全然詳しくないのでもどかしいけど、私にとってのm-floって今でいうとSuchmosとかの感覚なのかな。いやまあ有名なやつ1曲しか知らないんですけど、こう、新しい!おしゃれ!みたいな。そんなサウンドを作る方が好きなアイドルに曲をくださる…世界は優しい……
そんなサウンドのお洒落さもさることながら、4人それぞれの声が曲にすごく合ってるのが最高ポイントです。小山さんの堅めの声、てごちゃんの真っ直ぐな声、加藤さんのハスキーな声、増田さんの柔らかい声、、、ユニゾンも勿論好きなんですけど、それぞれのソロパートで楽曲の色や雰囲気が変わる感じ、この曲は特にそれが顕著だなと思っていて、そこがすごく好きです。わりと淡々としたメロディーラインだからそう思うのかな?? NEWSの曲はメロディーが情緒たっぷりな曲が多いので(そこが好きなんですけども)、こういうテイストの曲が聴けるのもとても嬉しい。
とにかくもうこの曲に関しては聴いてくれ。聴いたら分かる、圧倒的シャレオツ感。


7.Silent Love
EMMAのカップリング曲である「Snow Dance」という曲でもやっていましたが、Aメロ(加藤)→Bメロ(小山)→サビ(手越)→ラップ(増田)と、ハモりやユニゾンも基本的にはなくて、1人ずつの歌割りがあります。コヤシゲ、とくにシゲちゃんの歌の安定感が増してきたからこそ出来る歌割り。グッときます。
この曲はNEVERLANDとかEMMAほど音が多くはないんですけど、パーカッションの刻み方とか、後ろの楽器の使い方とかがすごく絶妙だなと思います。良い意味で力の入りすぎない、余裕のあるおしゃれなサウンドだなあと。例えば、2番のシゲちゃんパート冒頭、「♪朝靄に煙る街角〜」のところだけ、ピアノのフィルインがたらららん♪と入ってたりとかね!ここのピアノの音がめっちゃ好き!!
でも正直、この曲について増田担が語れることってそんなないです。ラップパートを増田さんにくださって本当にありがとうございます(深々)この曲の増田さんはとにかく帝王みがすごい。ひれ伏しちゃう。


8.恋を知らない君へ
これこそ語ることは何もない!!!にゅすちゃんを追いかけた2016年の夏が蘇ってくる、言わずと知れた名曲!!!!
他担の方からも良い曲だよねって言ってもらえることが多かったり、雑誌なんかで他のジャニの子が良い曲だって言ってくれたり、カバーしてくれたりするのも嬉しい。音楽番組でたくさん歌ってくれたけど、改めてアルバムの中の1曲として聴くと、本当に良い曲だなあと思います。
ソロを除くと唯一のバラード枠かなと思うのですが、ファンタジー色の強い曲の中では少し現世寄り。(現世寄り?)でも、綺麗なストリングスが鳴り響く中から聴こえる4人の綺麗な歌声がすごく儚くて、聴いてると夢の中みたいな気分になるので、やっぱりNEWSはファンタジー。
特に大サビの増田さんの儚さ…あなただけは消えないでって、増田さんのほうが消えちゃいそうだよ……と思ってたら、切実で力強い歌声でそんな妄想から引き戻してくれるてごちゃん。やっぱりNEWSの歌を引っ張るのはテゴマスの2人だなあと改めて思う曲。


9."Neverland Cast Members"
Mr.インポッシブルが語る、NEVERLANDにおけるNEWSの存在。
  ポテスターテム(動力)を司る 手越祐也
  テンプス(時空)を操る 小山慶一郎

  ベルビス(言葉)を奏でる 加藤シゲアキ

  スペクタクルム(美観)を生み出す 増田貴久
あ〜〜〜〜勘弁してくれ〜〜〜〜二次オタこういうの大好物やから〜〜〜〜死ぬほど好きやから〜〜〜〜〜〜
初回盤の特典についていた映像の謎も、これで解けるわけですね。あの映像4人ともほんっと可愛い…夢に溢れてるし…好き………


10.ミステリア
んーーーー好き!!!アニソンっぽい!!!!笑
個人的に金○一少年の事件簿のOPになってそうな曲が好きなんですけど、ミステリアってめっちゃ金田○少年の事件簿のOPっぽくないですか????(伝われ)
あと私はポルノグラフィティが大好きで、この曲からすごいポルノみを感じる瞬間があって…どこかは上手く言えないのがもどかしいんですけど……アレンジというより、サビのメロディーラインとかかな??ポルノが歌ってても違和感ない感じがして!激しくて情熱的な印象を受けるのに、ポップス感のあるメロディーが性癖。
サビでは和っぽい?笛みたいな?音が入ったり、かと思えば急にカスタネットが鳴ったり、強めのギターが入ったり…いろんな音が入ってるから聴いていて本当にワクワクするし、和洋折衷いいとこどり!って感じなのにまとまっている編曲がたまらん好きな曲です。


11.BLACK FIRE
シッシゲアキーーーーーーー!!!!!!!
この曲を語る上でシゲアキさんは外せません。冒頭のシャウトが格好いい!!しゃがれ声っていじられることも多いけど、シゲのハスキーなシャウトが曲にとても合ってる。ロックです。というかこの曲は本当にテゴシゲ無双だなって思います。末っ子コンビの活躍が凄まじい。
少プレのロック特集から実現した、JUONさんからの曲提供。ゴリゴリのロックを歌うNEWSの曲が聴けるの、邦楽ロックの畑で育った身としてはめちゃめちゃに嬉しいです。あとゴリッッッゴリのサウンドの中にピアノの音が入ってくるロックナンバー大好きなのでそれも最高。
余談だけど、少プレゲストに上田くんが来てくれたときのステージのバンドメンバーも私得でした。ギターで出演されてた滝さんが所属する9mmは私の青春だったし(9mmの「キャンドルの灯を」という名曲があるのですが、てごちゃんか増田さんに歌ってほしいと常々思っている)、バンドやってた学生時代、ピエール中野さんモデルのスティック愛用してたくらいには好きでした。(時雨みたいな激しい曲をしてたわけではなく、ただただ中野さんが好きだった)
爽やかな応援歌か、キャッチーな曲が多いイメージのNEWSだったけど、こういう曲を歌わせても最高…ということが知れて大変ありがたいです。本当、良い意味でジャニっぽくなくて、聴きながらヘドバンとかしたくなる感じ…もっとこのテイスト歌ってほしいな〜〜!!
個人的な最も死にそうになるポイントは2番Aメロ増田さんの「♪どうせならTAKE&GO」の歌い方です。増田爆イケ久。ひれ伏す。


12.ORIHIME
とっても綺麗な悲恋ソング。曲はすごく明るくて、ドラムの打ち込みの音も相まって爽やかな雰囲気の曲なのに、よくよく歌詞聴いたらめっちゃ失恋してるし何ならこの曲の「君」はもうこの世にいない可能性すらある。全然会えない。ずっとかくれんぼしてる。歌詞めっちゃ悲しい。でもだからこそ、4人の優しくて切ない声がすごく合う…。
この曲はBメロ、サビ前が特に好きです。ずっと鳴ってた打ち込みが消えて少し静かになって、かすかに星空をイメージさせるピロピロ音が後ろで鳴ってて、そこに聴こえてくるハモりが本当に綺麗。シゲアキさん、本当に歌が上手になってる…何度聴いても新鮮に感動する。シゲちゃんが努力と挑戦で掴んだ上ハモが大好き。
でもまあとにかくこの曲はけーちゃんの「もういいかい?」っていうウルトラ最高ウィスパーボイスに全部持ってかれるので、リーダーはズルいです。


13.流れ星
も〜これぞNEWS!!!!って感じの曲。ポップなメロディーに前向きな歌詞が乗った応援歌。ピアノ、ギター、ストリングス、ドラム(打ち込みではない)、どのサウンドを取っても何とも爽やかです。
2番Aメロのけーちゃんパート(♪信じては〜疑ってた〜)で、1番Aメロのシゲちゃんパート(♪あどけない〜希望連れて〜)のところには入ってないストリングスの裏メロ(?)があるんですけど、個人的にはそれが綺麗で気持ちも盛り上がって、とっっっっっても好きです。細かすぎて伝わらない好きなところ選手権……
NEWSが歌ってくれる「僕ら」には、問答無用でファンも含まれてるんじゃないかな〜と思えるので、歌詞も大好きです。勝手な想像かもしれないけど、勝手な想像をさせてくれるくらいファンのこと好きなNEWSが好き!
この曲もキラキラしてて夢みたいなんですけど、歌詞の影響か、ずっと夢の中に居るような気持ちになるアルバムにも終わりが近付いているんだな…と感じてしまう1曲です。


13."The Grand Finale"
やだやだ終わりたくない〜〜!!ずっとねばーらんどにいる〜〜〜〜!!!!!
と、突然の幼児退行をしてしまいそうになりますが、 再びMr.インポッシブルが現れて、旅の終わりを告げられます。
NEVERLANDの鍵、それはNEWSを愛するあなたの心…いやNEWSちゃんほんまめっちゃ欲しがるやんそういうとこやで好き


14.U R not alone
これ、ここでこんな曲を持ってくるこの構成、ほんっっっっっとに良い。素晴らしい。思わず他担の友人とのドライブ中、無理やり聴かせて熱弁を振るうくらい素晴らしい。(迷惑)
夢の国の旅が終わって、語りで締めた後の、本当の本当にこのアルバム最後の曲。ファンタジーの要素は一切なくて、痛いくらい現実と向き合う、向き合わされる曲。夢の国にずっといられない、現実世界で戦わなければいけないファンには本当に刺さります。現実を頑張るためにアイドルに夢を見させてもらいたくて、そんなファンのことを分かってくれているんだなあと胸がじんわりします。特に好きな歌詞が、2番サビと大サビ。

♪確かな答えは 何処にもないから探すんだ 恐れないで
  その足で迷っていい 何度も諦めるかって言えばいい

♪ああどうか 力を貸してくれないか 昨日までの僕よ
  共に乗り越えてきたじゃないか

つらいときとか苦しいとき、気持ちの持ち方によっては、「知りもしないのにそんなこと言われても」とか「他の人にはどうせわからないし」とか、外から掛けてもらった言葉に対して、そういうひねくれた感情を持ってしまった経験って、誰しもあるんじゃないかなあと思います。
「頑張れ」って外から励ましてくれる応援歌は数あれど、こんな風に「今はしんどくて頑張れない自分」も「今まで頑張ってきた自分」も肯定してくれる応援歌ってあるのだろうか……
安心と信頼のGReeeeN様の提供ということで、聴いたら良さは分かるようになってるので(?)曲について語ることもないかなと思ってたけど、めっちゃ書いてしまった。本当に名曲。シングルにならないのが勿体ないと思ってしまう。



とまあめっちゃ長々書いたけど、本当に最高で大好きなアルバムで、最高で大好きなコンサートでした。終わるのが本当に寂しいけど、どこかで充足感みたいなものもあって、不思議な気持ちです。
色んなことがあったツアーだったけど、私がアイドルに求めてるもの、見せてほしいもの、全部見せてもらって感無量でした。
円盤待ってるよーーー!!3ヶ月めっちゃ楽しかったよありがとーーー!!!!

今気付いたけどソロ曲を書く気力はなかった…4者4様に素晴らしいです…ふぉえばまいんについては語ることも出来ないダメな増田担……あやめについては前書いたしそれでちょっと満足しちゃった……(前記事参照)

NEWSが好き!!!!!!!!!!!


(こっそりお題追加しました)