アイドルは流れ星

アイドルに生かされている社畜の戯言

夢の国から帰ってこれない(NEVERLANDアルバムレビュー)

お題「NEWS「NEVERLAND」レビュー」



あーーーーNEVERLANDが終わった。終わってしまった。いや、終わらないってシゲちゃんは言ってくれたけど、それでも生で見るNEVERLANDは終わってしまった。最高に好きなアルバムを引っさげて回ってくれたツアー、本当に曲から演出から何から、いつでも最高に素晴らしいコンサートでした。

脳内がぐちゃぐちゃでコンレポどころじゃないので、ずっとちまちま書いてたアルバムレビューを載せます。我ながら「今…?」って感じだけど、タイミング逃したな〜〜とお蔵入りさせようと思ってたけど、でもせっかく書いたし…円盤出るまで、心の寂しさを埋めるにはこのアルバムが頼りになるわけだし……

というわけで個人的な感想を書く。長いけど。ツアー始まる前に感想を書いてた曲が大半なので、コンサートの演出とかに影響されてる部分は少ないです。コンサートで聴いてどの曲ももっともっと大好きになったので、円盤はよ、、、



1."The Entrance"

もーーー入りからワックワク!!!こういうコンセプトがちがち系のアルバムって好き嫌い分かれるかもしれないけど私は大好き。(楽曲がそれぞれ良いからこそ、みたいなとこもある)
NEVERLANDという不思議と奇跡と愛と夢の国、その案内人であるMr.インポッシブル。待望のアルバムでやっとNEWSの歌声が聴ける…!と思ったのにそう簡単に聴かせてくれない!焦らされる!でもそれが良いです100点!!
声オタとしてはこの良い声もすごくグッドポイントです……穏やかでゆったりとした声に、メルヘンでおとぎチックなBGMも相まって、「これからどんな世界に連れて行ってもらえるんだろう?」という期待で胸がいっぱいになること請け合いです。
鍵を差し込んで開けた時空の扉の先には、どんな世界が広がっているのか………


2.NEVERLAND
来ました、今回のアルバムのリード曲です。
これ100000000回言われてるかもしれないんですけど、最初にアルバム情報出たとき「NEVERLAND」という文字を見て、きらきらファンタジーを想像した方って多いんじゃないかと思います。かくいう私もそうでした。真っ先に目に浮かんだのは、美恋魂での、ふわふわきらきらの真っ白な衣装で、お城を背景に宙を舞っていた4人の姿。
NEWS×ファンタジーの親和性高すぎ問題はずっと提唱されてきたと思うので、もう本当…金一封差し上げますからはやく聴かせてくれぇ……って思ってました。
そう思っていたところにこの曲。まさかのきらきらふわふわとは無縁の荘厳系ファンタジー!!!!!(興奮)
Kらじ初披露の日はTLが荒れてました…リアタイ出来なかったので、フォロワーさん方が「サンホラ思い出す」「こんなのアリプロじゃん…」っておっしゃってるのをドキドキしながら眺めてました。(同世代で同じ道を通ってきた方が結構いるなと思いました)
岩場に囲まれた暗い森の中にいるような、厳かなイントロから始まります。使われてる楽器も多いし、音も多くてゴージャスで、本当にたっぷり満足な1曲です。個人的に三連符が大好きなので、好みドンピシャリ…!!


ねばらん初めて聴いたときのツイート、我ながらめっちゃ荒ぶってる…背景あの日の私へ、思った通り最高のコンサートだったので期待してくれよな……


3."アン・ドゥ・トロワ"
NEVERLANDから一転、こういうテイストの曲が来てしまうんですね……3トラック目にしてこのアルバムの振り幅が現れている。爽やかなラブソングで、ずっと後ろで聞こえている軽やかなキーボードのメロディーもあって、とっても心地良い曲です。
ですが皆さんお気付きでしょうか…こんなに爽やかで軽やかなこの曲……騙されるなかれ、そうです、NEWSさんお得意のワンナイトラヴなんですね……
ここまでサラっと、何なら若干の誠実ささえ滲ませながら「一夜の夢を見よう」的なこと言っちゃうんだからNEWSって恐ろしい……好き………
歌詞がファンタジックで綺麗なので、あれだけ厳かな雰囲気の曲の後にきても違和感が無いというか、アルバムの世界観に馴染んでるなあと思います。NEVERLANDで暗い森から荒れ狂う波際の断崖絶壁をめまぐるしく駆け抜けて、その先にあったのは、水面に満月が揺れる静かな湖だった……みたいな気分です。(?)
「君という魔法にかけられ 一夜の夢を見る」「月の夜を渡るようなステップで」の歌詞が特に好き。(滲み出る増田担み)かーーーーロマンチック!!!言われてぇ!!!!!!


4."EMMA"
これライナーノーツでシゲちゃんも言っててちょっと嬉しくなったんですけど、私も初めて聴いたとき「ここでEMMA!!!!!」って思わず叫びました。笑
急に19世紀のアメリカ西部にいるんだけど……えっさっきまで静かな湖で月に照らされながら一緒に踊ってたじゃん………???(妄想)
突然ピストル向けられる。むしろ撃たれる。狙撃されてる。ふ、振り幅〜〜〜〜!!!!!!!
この曲の良さについては言うまでもないですが、ジャケットプレイが注目されすぎてる気がするんだけど、まあ私も音楽番組出るたびに刮目してましたけど、曲としてすごい良いなと思うんです。
全体的に西部劇みたいな、ウェスタン!カントリー!みたいな曲なんだけど、ちょっとサイバーちっくなピロピロ系の効果音(語彙力の欠如)とかも入ってて…ハーモニカとかアコーディオンみたいな古き良きサウンドとマッチして、全く失われないキャッチーさ。個人的にはすごくチャンカパーナに通じるものがあるなあと思います。


5."7 Elements"
ここでまたMr.インポッシブルの語りが入ります。個性の強い曲を上手くつないでいるなあと思います。

炎、水、光、踊、音、魔、愛

表題曲のNEVERLANDにも繰り返し出てくる7つの要素。どの曲がどのエレメントを表してるのかな〜と考えながら聴くのがとても楽しい。答えはツアーパンフに載ってます!!買われてない方は買ったお友達に見せてもらおう!!!!ちなみに答え合わせしたら私は結構間違えてた(小声)


6.Brightest
これ!!m-floさん提供の楽曲があると知ってから、めっっっっっっちゃくちゃ楽しみにしてました。音楽に興味を持った学生時代に流行っててよく聴いてたな〜と。初めて聴いたm-floの曲はcome againだったと思うんですけど、子供なりに「なんか知らんがめちゃくちゃお洒落だ…!」と思ったことを覚えてます。
そんなm-floがNEWSに曲を書いてくださることの興奮…これ若いファンの方とかにはどうやったら伝わるのか…?最近の音楽シーン全然詳しくないのでもどかしいけど、私にとってのm-floって今でいうとSuchmosとかの感覚なのかな。いやまあ有名なやつ1曲しか知らないんですけど、こう、新しい!おしゃれ!みたいな。そんなサウンドを作る方が好きなアイドルに曲をくださる…世界は優しい……
そんなサウンドのお洒落さもさることながら、4人それぞれの声が曲にすごく合ってるのが最高ポイントです。小山さんの堅めの声、てごちゃんの真っ直ぐな声、加藤さんのハスキーな声、増田さんの柔らかい声、、、ユニゾンも勿論好きなんですけど、それぞれのソロパートで楽曲の色や雰囲気が変わる感じ、この曲は特にそれが顕著だなと思っていて、そこがすごく好きです。わりと淡々としたメロディーラインだからそう思うのかな?? NEWSの曲はメロディーが情緒たっぷりな曲が多いので(そこが好きなんですけども)、こういうテイストの曲が聴けるのもとても嬉しい。
とにかくもうこの曲に関しては聴いてくれ。聴いたら分かる、圧倒的シャレオツ感。


7.Silent Love
EMMAのカップリング曲である「Snow Dance」という曲でもやっていましたが、Aメロ(加藤)→Bメロ(小山)→サビ(手越)→ラップ(増田)と、ハモりやユニゾンも基本的にはなくて、1人ずつの歌割りがあります。コヤシゲ、とくにシゲちゃんの歌の安定感が増してきたからこそ出来る歌割り。グッときます。
この曲はNEVERLANDとかEMMAほど音が多くはないんですけど、パーカッションの刻み方とか、後ろの楽器の使い方とかがすごく絶妙だなと思います。良い意味で力の入りすぎない、余裕のあるおしゃれなサウンドだなあと。例えば、2番のシゲちゃんパート冒頭、「♪朝靄に煙る街角〜」のところだけ、ピアノのフィルインがたらららん♪と入ってたりとかね!ここのピアノの音がめっちゃ好き!!
でも正直、この曲について増田担が語れることってそんなないです。ラップパートを増田さんにくださって本当にありがとうございます(深々)この曲の増田さんはとにかく帝王みがすごい。ひれ伏しちゃう。


8.恋を知らない君へ
これこそ語ることは何もない!!!にゅすちゃんを追いかけた2016年の夏が蘇ってくる、言わずと知れた名曲!!!!
他担の方からも良い曲だよねって言ってもらえることが多かったり、雑誌なんかで他のジャニの子が良い曲だって言ってくれたり、カバーしてくれたりするのも嬉しい。音楽番組でたくさん歌ってくれたけど、改めてアルバムの中の1曲として聴くと、本当に良い曲だなあと思います。
ソロを除くと唯一のバラード枠かなと思うのですが、ファンタジー色の強い曲の中では少し現世寄り。(現世寄り?)でも、綺麗なストリングスが鳴り響く中から聴こえる4人の綺麗な歌声がすごく儚くて、聴いてると夢の中みたいな気分になるので、やっぱりNEWSはファンタジー。
特に大サビの増田さんの儚さ…あなただけは消えないでって、増田さんのほうが消えちゃいそうだよ……と思ってたら、切実で力強い歌声でそんな妄想から引き戻してくれるてごちゃん。やっぱりNEWSの歌を引っ張るのはテゴマスの2人だなあと改めて思う曲。


9."Neverland Cast Members"
Mr.インポッシブルが語る、NEVERLANDにおけるNEWSの存在。
  ポテスターテム(動力)を司る 手越祐也
  テンプス(時空)を操る 小山慶一郎

  ベルビス(言葉)を奏でる 加藤シゲアキ

  スペクタクルム(美観)を生み出す 増田貴久
あ〜〜〜〜勘弁してくれ〜〜〜〜二次オタこういうの大好物やから〜〜〜〜死ぬほど好きやから〜〜〜〜〜〜
初回盤の特典についていた映像の謎も、これで解けるわけですね。あの映像4人ともほんっと可愛い…夢に溢れてるし…好き………


10.ミステリア
んーーーー好き!!!アニソンっぽい!!!!笑
個人的に金○一少年の事件簿のOPになってそうな曲が好きなんですけど、ミステリアってめっちゃ金田○少年の事件簿のOPっぽくないですか????(伝われ)
あと私はポルノグラフィティが大好きで、この曲からすごいポルノみを感じる瞬間があって…どこかは上手く言えないのがもどかしいんですけど……アレンジというより、サビのメロディーラインとかかな??ポルノが歌ってても違和感ない感じがして!激しくて情熱的な印象を受けるのに、ポップス感のあるメロディーが性癖。
サビでは和っぽい?笛みたいな?音が入ったり、かと思えば急にカスタネットが鳴ったり、強めのギターが入ったり…いろんな音が入ってるから聴いていて本当にワクワクするし、和洋折衷いいとこどり!って感じなのにまとまっている編曲がたまらん好きな曲です。


11.BLACK FIRE
シッシゲアキーーーーーーー!!!!!!!
この曲を語る上でシゲアキさんは外せません。冒頭のシャウトが格好いい!!しゃがれ声っていじられることも多いけど、シゲのハスキーなシャウトが曲にとても合ってる。ロックです。というかこの曲は本当にテゴシゲ無双だなって思います。末っ子コンビの活躍が凄まじい。
少プレのロック特集から実現した、JUONさんからの曲提供。ゴリゴリのロックを歌うNEWSの曲が聴けるの、邦楽ロックの畑で育った身としてはめちゃめちゃに嬉しいです。あとゴリッッッゴリのサウンドの中にピアノの音が入ってくるロックナンバー大好きなのでそれも最高。
余談だけど、少プレゲストに上田くんが来てくれたときのステージのバンドメンバーも私得でした。ギターで出演されてた滝さんが所属する9mmは私の青春だったし(9mmの「キャンドルの灯を」という名曲があるのですが、てごちゃんか増田さんに歌ってほしいと常々思っている)、バンドやってた学生時代、ピエール中野さんモデルのスティック愛用してたくらいには好きでした。(時雨みたいな激しい曲をしてたわけではなく、ただただ中野さんが好きだった)
爽やかな応援歌か、キャッチーな曲が多いイメージのNEWSだったけど、こういう曲を歌わせても最高…ということが知れて大変ありがたいです。本当、良い意味でジャニっぽくなくて、聴きながらヘドバンとかしたくなる感じ…もっとこのテイスト歌ってほしいな〜〜!!
個人的な最も死にそうになるポイントは2番Aメロ増田さんの「♪どうせならTAKE&GO」の歌い方です。増田爆イケ久。ひれ伏す。


12.ORIHIME
とっても綺麗な悲恋ソング。曲はすごく明るくて、ドラムの打ち込みの音も相まって爽やかな雰囲気の曲なのに、よくよく歌詞聴いたらめっちゃ失恋してるし何ならこの曲の「君」はもうこの世にいない可能性すらある。全然会えない。ずっとかくれんぼしてる。歌詞めっちゃ悲しい。でもだからこそ、4人の優しくて切ない声がすごく合う…。
この曲はBメロ、サビ前が特に好きです。ずっと鳴ってた打ち込みが消えて少し静かになって、かすかに星空をイメージさせるピロピロ音が後ろで鳴ってて、そこに聴こえてくるハモりが本当に綺麗。シゲアキさん、本当に歌が上手になってる…何度聴いても新鮮に感動する。シゲちゃんが努力と挑戦で掴んだ上ハモが大好き。
でもまあとにかくこの曲はけーちゃんの「もういいかい?」っていうウルトラ最高ウィスパーボイスに全部持ってかれるので、リーダーはズルいです。


13.流れ星
も〜これぞNEWS!!!!って感じの曲。ポップなメロディーに前向きな歌詞が乗った応援歌。ピアノ、ギター、ストリングス、ドラム(打ち込みではない)、どのサウンドを取っても何とも爽やかです。
2番Aメロのけーちゃんパート(♪信じては〜疑ってた〜)で、1番Aメロのシゲちゃんパート(♪あどけない〜希望連れて〜)のところには入ってないストリングスの裏メロ(?)があるんですけど、個人的にはそれが綺麗で気持ちも盛り上がって、とっっっっっても好きです。細かすぎて伝わらない好きなところ選手権……
NEWSが歌ってくれる「僕ら」には、問答無用でファンも含まれてるんじゃないかな〜と思えるので、歌詞も大好きです。勝手な想像かもしれないけど、勝手な想像をさせてくれるくらいファンのこと好きなNEWSが好き!
この曲もキラキラしてて夢みたいなんですけど、歌詞の影響か、ずっと夢の中に居るような気持ちになるアルバムにも終わりが近付いているんだな…と感じてしまう1曲です。


13."The Grand Finale"
やだやだ終わりたくない〜〜!!ずっとねばーらんどにいる〜〜〜〜!!!!!
と、突然の幼児退行をしてしまいそうになりますが、 再びMr.インポッシブルが現れて、旅の終わりを告げられます。
NEVERLANDの鍵、それはNEWSを愛するあなたの心…いやNEWSちゃんほんまめっちゃ欲しがるやんそういうとこやで好き


14.U R not alone
これ、ここでこんな曲を持ってくるこの構成、ほんっっっっっとに良い。素晴らしい。思わず他担の友人とのドライブ中、無理やり聴かせて熱弁を振るうくらい素晴らしい。(迷惑)
夢の国の旅が終わって、語りで締めた後の、本当の本当にこのアルバム最後の曲。ファンタジーの要素は一切なくて、痛いくらい現実と向き合う、向き合わされる曲。夢の国にずっといられない、現実世界で戦わなければいけないファンには本当に刺さります。現実を頑張るためにアイドルに夢を見させてもらいたくて、そんなファンのことを分かってくれているんだなあと胸がじんわりします。特に好きな歌詞が、2番サビと大サビ。

♪確かな答えは 何処にもないから探すんだ 恐れないで
  その足で迷っていい 何度も諦めるかって言えばいい

♪ああどうか 力を貸してくれないか 昨日までの僕よ
  共に乗り越えてきたじゃないか

つらいときとか苦しいとき、気持ちの持ち方によっては、「知りもしないのにそんなこと言われても」とか「他の人にはどうせわからないし」とか、外から掛けてもらった言葉に対して、そういうひねくれた感情を持ってしまった経験って、誰しもあるんじゃないかなあと思います。
「頑張れ」って外から励ましてくれる応援歌は数あれど、こんな風に「今はしんどくて頑張れない自分」も「今まで頑張ってきた自分」も肯定してくれる応援歌ってあるのだろうか……
安心と信頼のGReeeeN様の提供ということで、聴いたら良さは分かるようになってるので(?)曲について語ることもないかなと思ってたけど、めっちゃ書いてしまった。本当に名曲。シングルにならないのが勿体ないと思ってしまう。



とまあめっちゃ長々書いたけど、本当に最高で大好きなアルバムで、最高で大好きなコンサートでした。終わるのが本当に寂しいけど、どこかで充足感みたいなものもあって、不思議な気持ちです。
色んなことがあったツアーだったけど、私がアイドルに求めてるもの、見せてほしいもの、全部見せてもらって感無量でした。
円盤待ってるよーーー!!3ヶ月めっちゃ楽しかったよありがとーーー!!!!

今気付いたけどソロ曲を書く気力はなかった…4者4様に素晴らしいです…ふぉえばまいんについては語ることも出来ないダメな増田担……あやめについては前書いたしそれでちょっと満足しちゃった……(前記事参照)

NEWSが好き!!!!!!!!!!!


(こっそりお題追加しました)


アイドルの歌う愛(加藤シゲアキ・ソロ曲「あやめ」の感想つれづれ)

 

NEWSの最新アルバム「NEVERLAND」が最高すぎて、アルバムのレビューを書き残したいと思いつつ、はてブロの下書きは繁忙期のせいで遅々として進まず、日々の仕事に忙殺され……

 

もっぱら仕事の行き帰りが音楽鑑賞タイムなのですが、ご縁があって入国したNEVERLAND@仙台から帰ってきて以来、毎日聴いている曲があります。それが、加藤シゲアキさんのソロ曲である「あやめ」です。聴けば聴くほど良い。すごい曲なんです。本当に。

 

ので、アルバム全曲レビューはまだまだ書く余裕がないのですが、あやめという曲に対して私が思うことをひたすら書き殴ります。

聴くたびに飽きずに高ぶる気持ちのやり場に困って、本当にただ感想を書いてるだけです。備忘録的な…あとだらだら長い……(笑)

 

 

 


初めてこの曲を聴いたとき、難しい…と思ったのが正直な感想。どちらかというと分かりやすい曲が好みな自分の嗜好もあって、「難しい…ただ、すごく綺麗な世界が広がっているのは分かる…シゲアキさんがすごいのだけは漠然と分かる……」という、ファンの風上にも置けないふわっとした印象を最初は持ってた。

けれど、色んな媒体で「多様性」「愛」を表現する曲として、このあやめを作ったと言っている加藤さん。分かるようで分からなかったその言葉の意味だったけど、何度もこの曲を聴くことで、少しずつ何となく近付けてきたような、今はそんな気がしている。

 

 

『決して 空想 夢想の彼方』という、何度も出てくる印象的なフレーズ。この「決して」ってどういう意味なんだろう?とずっと考えてた。本来であれば「決して〜ない」と打ち消しの単語を伴って使われる言葉だけど、「決して」には「必ず、きっと」という意味もあるらしい。(久しぶりに国語辞典など引っ張り出した…勉強から離れて久しい社会人に辞書を手に取らせるシゲアキさん…っょぃ……)


はてさてこの「決して」はどういう意味なのか、落ちサビ部分の歌詞は『消して 空想 夢想の彼方』となっているし、単なる言葉遊び…?とも思うけど、どうあれ「決して」という言葉の響きが持つ切実さはすごい。

『決して 空想 夢想の彼方 今だけはキスしてよ』というフレーズから、どこか諦めも滲んでいるような、やり場のないどうしようもない切なさを感じて、私は何度でも胸がギュッとなる。流石、言葉をお仕事にしているということはとてつもない武器だ。

 

あと、サビに何度も出てくる「世界」という単語。この「世界」は何を指すのか。最初は、世間や周囲の目だとか、自分を取り巻く環境、外的要因のようなものを指して「世界」と言っているのかなあと漠然と考えてた。
何度も聴いてるうちに、少し違うのかもしれないと思い始めた。個人の倫理観だったり、こうありたいという理想、生きていく上で見つめるべき現実、そんな、上手く言えないけど、何というかもっと内向きなものを持ってして「世界」と言っているのかなと。

 

誰も自分の理想の中だけで生きてはいけないし、生きるということは、自分以外の存在と関わり合うということ。ただ、他人と100%完全に分かりあうことって絶対に出来ない。こうありたい、こうあらねばならないという、その理想の通りに生きていくこともきっと難しい。自分のことを分かってほしい、相手のことを分かりたい、分からなくて分かってもらえなくてもどかしい。寂しい。悲しい。けれどみんな誰かに愛されたくて、愛したい。愛されると嬉しいけど、与えた愛は全て返ってくるわけじゃない。それが許せないこともあるし、返ってこなくていいと思う愛もある。人って結局はみんなひとりで、ひとりで立たなくてはいけなくて、でも本当にひとりの人なんていない。どんな存在も、どんな自分も、どんな愛も受け入れて生きていく。『世界は心の奥底にある』んです。そんなことをつらつらと考えてしまう。

 


あと、あやめは全体的に、(サビも含めて)淡々と静かで美しい世界が広がっている、というような印象を受ける。そんな中で、ラスサビ前の英語歌詞のところのメロディが、この曲の中では少し異質と言っていいほどドラマチックで、あそこでいつも泣いてしまう。

生きづらい、思う通りにいかない、求めたい、求めてほしい、愛というものの本質や貴さ…うまく言葉に出来ない激情が、あの部分だけは表面化しているように思えてならない。

 

2番のラップ部分は、何となくモノクロなイメージで聴こえてくるんだけど、『〜愛の美しさを あなたと手をつなぎ〜』のところだけ少し色味を感じるというか、メロディに寄せた歌い方になっているのもとても好き。

この曲の主人公の「あなた」への気持ちが、思いがけずあふれ出てしまったような、そんな心の揺れが歌に出ている感じが素晴らしい。

 

 

加藤さんの言葉での表現力は言わずもがなだけれど、歌の表現力も格段に上がったから、この曲にこんなに心を動かされるんだと思う。どちらかといえばメロディも歌詞も抽象的なこの曲を、今の加藤さんが歌う。

だからこそ、受け取る誰かの心それぞれに、その深いところに、具体的なメッセージとなって響いている気がする。


もしかしたら私の抱いている感想は、加藤さんが意図していたものとは違うかもしれないけれど、こうやってたくさん考えて色んな解釈をしたくなってしまう、そんな魅力的な曲を生み出せるメンバーがいることが、何というかとても幸せ。NEWSというグループを好きになってよかった。

アイドルで作家な加藤さんらしい、加藤さんにしか作れない曲だし、歌うことのできない愛だ。

 

理想を求めて、もがいて、それでも前を向いて生きていくこと。その姿は全然みっともなくなんかなくて、むしろとても美しい。私はこの曲を聴いていると、何故かそんな風に思わされる。

私にとってあやめは、少し切なくて、でもとびきり美しい、今を生きる全ての人への応援歌。だから毎日聴きたくなって、その度に涙腺が緩んでしまうのかもしれない。



 

 

 

……いや、長いな!?そして途中からずっと、我ながら何言ってるか分かんないな!!?!?とにかく思うことを書き殴っただけだこれ本当、、、

もしここまで読んで頂けた方がいらっしゃったとしたら、菓子折りの1つでも持ってお礼兼ねてご挨拶に行きたいしあやめ考察書いていただきたいです。読ませてください!!(強欲)

 

 

ネットの海に溢れる、素敵なNEWS担の皆様の感想を読み漁ることを糧に、明日も生きる。

それにしてもアルバムやシングルの発売前後とかツアー期間って本当楽しいな♡今日もNEWS担で楽しいな♡♡

 

 

私的「NEWSのこの歌割が神懸かってる大賞」〜White編〜


突然ですが、NEWSって本当に楽曲に恵まれたグループですよね。ただ曲が良いだけでなく、雑誌『月刊Songs4月号』のインタビュー内で手越さんが語っていたように、どんな曲も歌いこなせる歌唱力がNEWSにはあります。

 

楽曲の持つ魅力を何倍にも膨れ上がらせる力が彼等にはあって、振り幅のあるアルバムに仕上がるんだなあとどのアルバム聴いてもしみじみ思います。

 

何より個人的に推したいポイントは、NEWSってただ歌が上手いだけではなくて「ヴォーカルがそれぞれ個性的」であるということ。

 

宇宙まで届いてしまいそうな、どこまでも突き抜けていくパワフルな手越さんの歌声。少し硬めだけど男性的な甘さがあるというか、切実な響きに聴いてると胸がぎゅっとしてしまう小山さんの歌声。どんな曲にも良いスパイスになる、独特かつ繊細でハスキーな加藤さんの歌声。あたたかくて柔らかで、何でも包み込める優しさを持っているような増田さんの歌声。


もちろん曲の雰囲気によっていろんな声や歌い方を使い分けてる彼等だけど、やっぱこの曲はこの人の声が活きるよな〜〜!とか、この歌割りやばいな分かってんな〜〜!とか、こう、グッとくる部分がどの曲にもあるんですよね…!

 

日頃NEWSのアルバムをヘビロテしながら、この歌割りヤバすぎるから考えた方に金一封贈りたい〜〜!!けど無理だから自己満で賞をあげたい〜〜〜!!!と常々考えています……

 

というわけで、ブログ書きました!(雑)

 


加藤シゲアキ
「美しい男性に闇堕ちしてほしいのは古今東西オタク女子の永遠の願望」賞

♪大切に認め合えれば何もかも 愛す故の憎しみも(SuperSONIC)

 

賞のタイトルが頭おかしい奴みたいですが、本当にこう思ってます。どうも、頭おかしい奴です。

 

このタイトルの真意というか、例を挙げるとすれば、先日、惜しまれつつも放送を終えたドラマ『嫌われる勇気』。私は青山くんが刺されて倒れている予告を見てから高ぶりを抑えられませんでした。頭の隅で青山くんに土下座しながら、刺されてる加藤シゲアキめっちゃ美しいやん……???と動揺を禁じ得ませんでした。

大丈夫かなシゲ担の方に石投げられないかな……でもあの加藤さん本当美しくて………

美しい男性の苦しむ姿というのはこう、何か心に訴えかけてくるものがあるというか……(頭おかしい奴)

 

愛す故の憎しみ??そんな漫画の主人公みたいなそんな、オタクに親近感を覚えさせる名手であるシゲちゃんにそんなこと言わせていいの???軽率に闇堕ちさせるけど大丈夫……???ってなって本当にときめきます。

あと、何もかも〜のところでテンションを上げておいて、その後を上げたままにせず抑えめに歌ってるのがすごく好みです。

 

全体的にこういう格好いい系のナンバーと、加藤さんの声の親和性ってすごく高いなと思うんです。ただ格好いいだけじゃなくて、曲にとても良い味が出る!(だからBYAKUYAの2番サビ前の♪君と堕ちた白い夢とすごく迷った)

何にせよサブカルを愛してそうな人がこういうドロッとした歌詞を歌うのは、たまらん良さがありますね……

 

 

 

 

手越祐也
「何でも一生懸命なあなたが歌ってくれるからこそ心に響くんです」賞

♪さあ手を上げて 顔上げて 晴れ渡っていけ 追い風じゃなくたって 無敵の笑顔でススメ!(Weather NEWS)

 

この曲は仕事で辛いことあったときなんかによく泣きながら聴いてるんですけど(重い)
本ッッッッ当に元気が出ます。明るくてパワフルで、NEWSの十八番な王道応援ソング。この大サビのてごちゃんソロでよく泣いてしまう……

 

全員で歌うサビももちろん大好きなんですけど、あえて手越さんの好きな歌割としてここを挙げたのは、「晴れ渡っていけ」っていう歌詞はこの人のためにあるのでは…??と思うくらい、まっすぐで力強い手越さんにぴったりの歌詞だなあと思うからです。

 

てごちゃんのディストーションボイスも格好いいなと思うんですけど、この曲みたいに澄み切った青空みたいな印象を受ける伸びやかな歌声がもっと大好きで。それをあの無敵の笑顔でこんな風に歌われたら、進む〜〜進むよ〜〜笑って頑張るよ〜〜〜(;;)ってなること請け合いです……

 

Whiteコンでここをニコッと笑いながら歌う手越さんが可愛すぎて、別の意味で涙出てきたりもします。そんな手越さんの可愛さに興味のある方はDVDの購入をオススメします!!!!(宣伝)

 

 

 

増田貴久編
「可愛さに萌えればいいのか男の子っぽさに燃えればいいのか迷子です」賞

♪2人で歩くシーサイド 今日この気持ち伝えたい たとえ叶うことない恋だってカマワナイ(NYARO)

 

うーん、迷った!!増田さんの歌声でNEWSに落ちた身なのでめっちゃ迷った!!他にもめっちゃあるけど頑張って絞るならここ!!でも全部好き大好き!!!まっすー大好き!!!!

 

とまあ、自担への想いが溢れてしまいましたが、ここは絶対共感してくださる方多いと思いますし、全然コアな感想じゃないですけどね、これはもう外せないですよね……


NYAROって全体的にポップで弾ける夏!爽やかな一夏の恋!って感じの可愛い曲なんですけど、この部分、ラスサビ前のこの部分が、また違った夏のイメージを与えてくれている気がします。

 

夏の終わりを感じる砂浜で、思いのほか本気になってしまった君に、夏が終わる前に気持ちを伝えたい……そんな切実さを感じて、ここのまっすーの歌い方のおかげで、ただの一夏の恋で終わらない、誰かにとっての大切な、キラキラした恋の歌になってるなあと、、思って、、、

 

だってさっきまでこっち向いてちょーだい♡とか言ってたやん!!?!?急にそんなさ、一途な男の子の振りしたって、だ、騙されないからね!!?!?好き!!!!!!!(秒速で騙される増田担)

 

まっすーの歌声の振り幅は、本当に世間一般の人が思うアイドルの領域を超えているなあ、としみじみ……好き……ちょろい増田担です………


 


小山慶一朗編
「前世でどんな徳を積んだら慶ちゃんにそんなこと言ってもらえるの????賞」

♪時代を超えて今も変わらず 君は僕のヒロイン(White Love Story)

 

いやもう正直これを言いたいがためにこの記事を書いたようなもんです…

この曲とっても大好きで、これも基本的に歌割神だなって思ってるんですけど、この部分はもう初めて聴いたとき何が起きたかわからなくて、とりあえず巻き戻して鬼のようにリピートした思い出、、、

やばくないですか???えっ、ここやばくないですか????(急激な語彙力の低下)

 

高めのキーでの慶ちゃんのちょっと苦しそうな歌声が大好きすぎるんですけど、歌詞のロマンティックさも相まって、本当に心を鷲掴まれてしまうフレーズです。

 

「君は僕のヒロイン」ですよ…あんな誠実な顔して、苦しそうにこんな風に言われて、ヒロインにならない女性ってこの世に存在する??いや最早これは女性云々の次元ではない……老若男女みんなが慶ちゃんのヒロインにならざるを得ない………っていう気持ちになります(?)

 

慶ちゃんが好きです……間違いなくWhiteの歌割部門はここの慶ちゃんが個人的には優勝です………

 

 


さて、本当はそれぞれ1〜3位までやりたかったけど意外としんどくて、あと途中で振り返ってみるとめっちゃ書いてる!!しかも内容がそこそこきもい!!!ってなって自分的1位だけ書くことにしました。

でも楽しかった〜〜〜〜!!!!

 

疲れるけど本当に楽しかったので、時間があったら他のアルバムでもやりたい!

あと、他の方にとっての歌割大賞もぜひ聞いてみたいなあ…(*´ω`*)





で、何故急にこんな記事を書きたくなったかというと!!3/22(水)!!!

明後日!?いやもう明日!??
NEWSの新たなアルバム、「NEVERLAND」が発売になるからです!!わーめでたい!!!!

 

ファンタジー溢れるNEWSの最新アルバム、またどんな歌の世界を提供してくれるのか、今から本当に楽しみです♡♡

明日は仕事を必ずや定時に終わらせ、フラゲに走りたい……!!!

 

私はNEWSの歌が大好きだ!!!!
NEVERLANDが楽しみだーーーー!!!!